クリスタルドライカットについて

クリスタルドライカットについて

クリスタルドライカットについて

もっと“きれい”を引き出すカット技術

20年以上前から、EIJIが年に2回欠かさず帰国し、日本国内で伝えてきた≪NEWYORK DRYCUT≫は、お客様も美容師も諦めてしまうような、髪質やクセ・頭の形など、どのような条件からでも、思い通りのヘアーデザインを作り出せ、さらにお客様自身で再現できる、この前提でカット技術を追求し、サロンワークの現場で進化を続けている。

削がずに、すべての髪を活かして自在に表現する、軽さ・重さ・弾力のある動き、あらゆる質感。ハンドドライだけで現れる立体的なシルエット。髪そのものの圧倒的なきれいさ...。≪NEWYORK DRYCUT≫の様々な効果は、美容師の想像と工夫で、ヘアースタイルはどこまでも自由になることを教えてくれる。

クリスタルドライカットの特徴

ドライカットは、ほんとうにその人(顧客と技術者)のためにできるカットです。人間がひとりひとり違うように、カットもひとりひとり違います。ドライカットは、顧客がどんなふうにブロウするのか、またその人の髪はどのように動くのかを考え、髪を見ながらカットしていきます。それがドライカットの本質と言えます。

ただし、ウエットカットとくらべると、精神的エネルギーの消耗が大きく、ドライカットではスタイリストの精神状態がとても影響します。それだけに技術だけでなく、技術者としての精神レベルの高さが必要とされ、技術者自身を成長させるカット技法です。

競争の激しいクリスタルで、あのジョン・サハグと双肩するドライカットの第一人者、山根英治とWORKSが提唱するクリスタル・ドライカットとは、技術者と顧客を満足させるものなのです。

クリスタルドライカットの効果

  • 乾かしただけで立体的なシルエットが出せ、お客様が簡単にスタイリング
  • えり足、前髪など、部分的に浮き上がる生えグセを抑える
  • 多い毛を削らずにボリュームダウン
  • 立ち上がりの弱い細い毛にも自然なシルエットを
  • 硬い毛にやわらかな質感と手ざわりの良さ
  • クセ毛を抑えることも、ウェーブとして活かすことも
  • カットで髪にツヤが生まれる
  • リバースにもフォワードにもきれいな流れをつくる
  • パーマと組み合わせて立体的なウェーブに
  • 髪が自由に動き、美しさを表現

NEWYORK [EIJI]主宰 EIJI 山根英治

NEWYORK [EIJI]主宰 EIJI 山根英治

“髪を切る”技術を、一途に突き詰める
「カットは、人生そのもの」

カット技術だけで、アメリカ社会の道なき道を切り開いてきた

ヘアーカット、$400。
EIJIがニューヨークで掲げている現在のカット料金だ。世界中の有名美容師がしのぎを削るNYの美容界、無名の日本人だったEIJIは、自らの技術力を磨き続けることで、誰も通ったことのない道をつくってきた。

ファッションやモードとは無縁の環境で育った。
地元・福岡の美容室から22歳で単身アメリカへ渡り、20代半ばには1日に20人近くをカットするトップスタイリストへと駆け上がる。忙しくなるのとは裏腹に、満たされない思いが募っていく。いくらでも代わりがいるような自分の仕事に満足できない。美容師としての先を見失ったEIJIの渇きは、ドライカットの先駆者・ジョン サハグ氏との出会いで一転した。

「もっといい仕事をしたい。ひとりひとりに達成感のある仕事、お客様が喜んで、美容師自身も喜べる仕事。」様々な方法がある中で、EIJIはカット技術で応えていくことを選んだ。
髪質やクセ・毛量、ひとりとして同じ条件のない中で、「美容師は、どんなに素晴らしいヘアースタイルが想像できても、自分の手で形にできなければ、何もできないのと同じ。技術力があれば、どんな条件からでも思い描いたヘアースタイルにできる。」

30年近くに渡り、常にNYのカットシーンの第一線を歩み続け、今も毎日予約が埋まる。今さらに強く思う。
「もっと上手くなりたい、まだまだ先がある」

Pagetop